FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫から訂正~タイルの掃除について~

以前記事、『きこりんハウス-12』キッチンからのゴミ置き場の最後で、

キッチンの床のタイルについて話しました。

夫から物言いというか、キッチンタイルの掃除は、掃除機だけでは駄目だ。っと。
1ヶ月に1回、まあ最低でも2ヶ月に1回はタイルを掃除する事が必要だと思うよ。っと。

ちなみに、夫、それ、やってくれてた。

ありがたや。。。

ただ、床掃除の頻度は極端に少ないですよ。
賃貸の頃は、2~3日に1回、夫は雑巾掛けしてましたもの…


次回のキッチンタイルの掃除は、主婦になった私がしっかりやりたいと思います。
スポンサーサイト

住友林業の住み心地

私たちの家作りは、パターンから選ぶのではなく、
「自分たちはこういう生活をする。それに合うように、合理的に作って、住み心地よく作って。」
という感じで進めていきました。
設計K氏と何度も何度も話し合いました。
契約してから最終的な設計が固まるまで、時間もものすごーくかかりました。

そのおかげか、私と夫にとって、きこりんハウスは私たちのライフスタイルにとても合っていて、
合理的で大満足な出来です。
それは、我が家のWeb内覧会『きこりんハウス』1~13で表現できたかと思います。

では、住み心地の良さは??

これは、まだ『夏』しか体感していませんが、世間でニュースになっている通り、
記録的な猛暑を体感する事ができたので、ご報告。

我が家は
和室、ダイニング、リビングが全室真南向きで、
和室は通常のアパートとかにあるような一間幅の窓の大きさですが、
ダイニングとリビングは、それぞれ、1.5間幅の窓の大きさです。

通常であれば、真夏は直射日光が差し込み、耐えられない暑さとなり、
朝から晩までクーラーガンガンってな感じかと思います。

が、我が家、例の記録的な猛暑日でさえ、初日はエアコン付けませんでした。
ただ、二日目からの猛暑日は、お昼を過ぎたあたりからやっぱ冷えたい。
と思い、夕方4時まで付けました。

でも、それだけです。

これは、木造住宅、さらには住林の家だからか?と思いますが、
それだけの理由ではないと思っています。

なぜならば、
我が家の最大の特徴を未だ報告していませんでしたが、我が家は軒が1.7mもあるのです。

■猛暑日の真昼間
DSC01691.jpg

これで、真夏の直射日光は、家の中に入ってきません。
(その代わり、冬はキッチンの近くまで直射日光が入ってきて、部屋を暖めます)
そして、西日を防ぐために1階の西側には一切窓を付けませんでした。

もちろん、窓はどの部屋もぜーんぶ網戸にして開け放ちます。
風が良く通り、1階から2階へも東から北西へ、南から北へ、もう至る所風が通ります。

それだけで、猛暑日以外は、ほぼエアコンを付けない生活を送ってきています。

ただ、お客さんが来た時は、扇風機は今の所1台なので、エアコン付けますよ。

とりあえず、痩せ我慢や節約でエアコンを付けないのではなくて、
風が通って、付けない方が心地よいので、付けてないのです。

ちなみに、夫は男の人特有の、暑がり。ですが、たまーにエアコン付ける位です。

その我が家のLDK25畳用のエアコンは、CS-560CV2 1台です♪
すぐに効きます。

これは、賃貸メゾネットの時に、リビング階段のせいでエアコンが効かず、特に冬が、住み心地悪いのなんのって…。
っという思いから、LDKは扉を閉めるとちゃんと一つの空間になるようにしました。
もちろん、玄関からすぐ階段だと、家族のコミュニケーションが云々と言いますから、
我が家は、玄関から、リビングを通って、廊下に出て、2階への階段という作りです。

ってな感じで、住み心地は大満足です。

夫が初めて胎動を感じた日

私が胎動を感じた日から数日、夫は、私が「動いた!」っと言う度、
さっと私の横に来て、集中して私のお腹に手を置いていた。

が、最初の胎動はとても弱く、1回動いても、2回目の動きはほどんどなく、
数日間、私にしか分からない赤ちゃんからの合図だった。

でも、懲りずに、夫は私のお腹に手を置いていた。

で、ようやく!!

数日前に夫も赤ちゃんからの合図を受け止める事が出来ました♪

夫、感激。。。。。

『きこりんハウス-13』玄関

本日、ようやく外構(庭&駐車場)工事が終わりました。

長かった…。

引っ越して、すでに2ヶ月ほど経ちます。

いくらなんでもこんなに長引いたのは、やはり、段取りが悪い!?としか思えないので、
住林の名誉のために言いますが、
我が家の外構工事、住林に頼むと、ほぼ倍!の金額かかるって事で、某ガーデン造作業者に頼みました。

やはり、、、いろいろありました。ま、それは、いつか話したくなった時にでも。。。

とにはかくにも、無事に外構工事が終わったわけです。
とりあえず、出来は満足ですし、記念に『きこりんハウス』のご紹介最後となるであろう、
玄関を。

■家の中から
DSC01696.jpg
玉砂利敷いて、その上にミッドランドスクエア内のマチュリテでプロの方にお任せしてアレンジメントして頂いたインテリアフラワーを置きました。
上のほうには、絵を飾りたい。今、探し中。

■入り口
DSC01701.jpg

■入った真正面には、シンボルツリー
DSC01697.jpg

■靴箱
DSC01698.jpg

■リビングへの廊下。右手にアウター用のクローゼット
DSC01699.jpg

靴箱とアウター用のクローゼットは分ける事にして、あえて玄関にはシューズクローゼットを作らず、
広々とした玄関にする方を選びました。

我が家の場合は勝手口収納がS.Cって感じ。

『きこりんハウス-12』キッチンからのゴミ置き場

すでに、我が家のキッチンについては、以前ご紹介してある通りで、
ただ、この記事の最後に書いた、

『そして、キッチンと一緒に紹介したかった、ゴミ置き場&キッチンの床(タイル)。
は、また次回~♪』

ってのを、ずーっと書いていませんでした。

今回は、そのご紹介です。

●まず、ゴミ置き場について。
またまた、設計K氏にとりあえず、自分の思いだけ伝える。

・ゴミ置き場は外は絶対駄目!賃貸の頃、ベランダに置いた事もあるが、臭い&虫でゴミ出しに行く為にバケツを開けるのも嫌だったから!
・でも、キッチンにゴミ置き場あると、LDKが繋がっているし、特に夏は臭いなんて気になる。
・さらには、せっかくのキッチンに、いかにもゴミ置き場ってのは置きたくないし…。
・でもねー、やっぱ家事動線を考えるとさー。

さてさて、
設計K氏よ、私の思いを汲んで、うまーくやっておくれ。。。

で、結果。
DSC01709.jpg   DSC01708.jpg

キッチン横に1畳ほどの廊下?みたいなスペースを作り、
そこにゴミを置く&勝手口へスムーズに行く&洗濯機のある洗面脱衣室へもスムーズに行く
っという事を可能にしたのです。
DSC01711.jpg

たった1畳のスペース。これぞ、住友林業の設計力ですね。


●次に、キッチンの床。

我が家のLDは無垢の床材を使用してあります。
住友林業で建て方の家は、ほとんどが、1階は無垢の床を使用しているはず。
で、実際に住友林業で建てた方のお家に行くと、ほとんど、キッチンの床がタイル。
さらに、キッチンの床をタイルにして、大正解だよ~!っと施主さんたち。。。

正直、賃貸に住んで、突板床に住んでた私には、この良さが分かりませんでした。
が、まー、ウチもLDは無垢材でキッチンはタイルにするかー。

で、タイルの良さは、使ってみて分かります。

賃貸の頃は、料理すると、キッチンの床が汚れる事もしばしば。
その掃除は夫に任せていましたが、めんどくさーいものだったそうです。
雑巾がけを頻繁にしていましたから…。

でも、このタイル床、ほぼ掃除機だけでよい。

なんて手軽なの!っといった感じ。
我が家も声を大にして言いたい。
「キッチンの床はタイルにして大正解!」
Top Page
HOMEMAKE RPROJECT
Category
New Notes
Archives
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。