FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家具発注の前に

引っ越しの日が決まったので、いよいよ家具を発注した。

5年前・・・・
結婚してすぐに賃貸に住んだので、名古屋的!?考えで言うと、
「寿印のトラックに妻側の両親が購入した家具をつめて嫁入りだがや」
というのは、丁重にお断りした。

我が両親というか、母は、
「愛知に嫁入りするんだから、郷に入っては郷に従えで、寿トラックいっぱいに家具を贈りたい!」
っとちょっぴりゴネタ。が最終的に内装が桐で出来ている¥25万の鏡台を買う事で引き下がってくれた・・。
(この鏡台は、何だかんだで重宝していて、実は、新居でも良い場所に鎮座する事になる。)

で、それから5年後、家が建つことになり、母は5年越しに念願が叶う!!ってことで、
ワクワクしながら「家具のお金は私たちが払うからね~!」っと言ってくれた。

が、30歳にもなって結婚5年も経って、
正直、両親からお金を貰うってのはちょっとなぁ。。
私たちは家と一緒に初めから家具も一新するつもりで貯蓄してきたし、
余裕過ぎるくらい貯蓄できた。

私の両親、夫の両親、どちらからもお金の援助を受けずに家を建てた!
(土地はイタダキマシタガ・・)
っというのが私たち夫婦の誇りとなるわけだし、っという事で、
今回も、両親のお金は丁重に断る事にした。

母は納得したかにみえた。
が、
気付いたら母から夫の口座にお金が振り込んであった。
(夫の口座に私の母は別件でお金を振り込んだ事があって、口座番号を知っていた)

もう、、貰うのも親孝行だと思って、両親に感謝して、
両親のお金で家具を購入する事にした。

母よ、そして父よ、ありがとう。
スポンサーサイト

『家-4』 我が家が出来上がるまで

■住林担当者
・営業 T氏 : 鉄骨信者の私たちを解放したやり手。何でも安心して任せられる。
・設計 K氏 : まじめで提案力がすばらしい。私たちの漠然とした思いをスマートに形にしてくれた。
・インテリア H女史 : 壁紙・カーテン・照明・家具。プロの目線を存分に味わう事ができた。
・現場 T氏 : 安心して家が建つまでを任せる事ができた。なんでもしっかり説明してくれる。

■スケジュール

'09年4月 住友林業と契約「My Forest GS」

着工合意までの約8ヶ月、とにかく何度も打ち合わせした。
ころころ変更する私たちの考えにも、設計K氏は持ち前の提案力で、すばやく対処して、設計図面にしてくれた。
この世の中で一番私たちに合う設計士だったと思う。

'09年12月 着工合意 地鎮祭

地鎮祭は、私たち夫婦、主人の祖父母+両親+弟、営業T氏、設計K氏が参加。
身が引き締まる思いと、ココまで来た事に、感動して涙が出そうになった。

'10年1月 着工

竣工までは、現場T氏が仕切ってくれ、何度か現場で確認などするために、足を運んだ。
木の柱から、屋根がついて、どんどん形になっていく。
足を運ぶたびに、テンションがあがり、住友林業を選んだことに間違いはなかったと確認した。

'10年5月 竣工

'10年6月 入居

『家-3』 住友林業に決めた理由

【ホームメーカー】
まず、工務店じゃなくてホームメーカーにこだわった理由は、
お金をケチると、底なしで建物の品質をケチられる。ために、品質の最低ラインを確保しておきたかったから。
もちろん工務店でも、建てる側がしっかりお勉強し、交渉すれば良い家が建ちます。
ただ、コスト削減であまりにも安い素材ばかりで、出来上がったときにこんなはずじゃなかった…
という事は避けたかったので、最低限のラインを下げない所で建てたい。と思ったわけです。

【木造住宅】
前にも書いたが、家を建てると思った時は、「絶対鉄骨主義」だった。
でもね鉄骨で実際に建てた方のお宅訪問での正直な感想は、
・・・ココでは言えない。。という感じ。
なので、2年も決めきれずにいた。

そんな時、我が友人が木造住宅を購入したため、訪問した。
そしたら、
「あら!すごくいいじゃん!間取りも素敵だし、何だか落ち着くし、今まで見てきた家の中で一番素敵」
っと思った。
なので、早速夫を連れて、木造住宅メーカーを見に行く事にした。
「時間の無駄!」っと言ってゴネる夫を引っ張るようにして、近くの住宅展示場へ。
そして、木造住宅の最高峰と言える住友林業で、耐震性などを確認した。

すると、
どーしても鉄骨じゃなきゃいけないというノドの骨が取れたような、そんな気分になった。

◎住友林業の耐震性能で十分。(ちなみに、ウチは免震パネルも搭載)
◎家のばらつきに関しては、木造だから曲がりやすい、鉄骨だから狂いがないという事でもなく、季節や湿度によって自然な調節となる木造にもメリットがあることが分かった。
◎木造を選んだことで、設計の自由度が出てくる。
◎「すごしやすい家」という特典がついてくる。
⇒鉄骨の営業マンでさえ素直に認めるのが、
「夏涼しいのは木造の方、冬あったかいのは木造の方」
◎あんなに「絶対鉄骨主義」で木造住宅を見るだけでもゴネテタ夫が、「住友林業」で建てたい!っと言い出した。

【住友林業】
他メーカーはどのメーカーもこぞって、太陽電池やエネファームなど、
月々のエネルギーコスト(冷暖房費)を抑えるために、いろんな対策を勧めてくる。

しかし、住林に行った時は、月々のエネルギーコストを抑えるための説明は全くされなかった。
(もちろん、本来のエコの観点から、付けたい方は付けても良い。)

私はもともと、エアコンガンガンは嫌いで、自然の風や暖かさが大好き。
そんな私が冷房をかけるのは本当に暑い時。
それが、鉄骨の方が本当に暑いと感じる日数が多いって事は、エアコン嫌いの私にとっては、心地良い家とは言えない。

太陽電池=エコって雰囲気ですが、
ほんとのエコってのは、エネルギーコストの少ない家なんでは?
そしてそれは、住み心地のよさにも繋がるのでは?

最終的には、無垢の床でごろごろしたい。とまで思うようになり、
住友林業にお願いする事に決定!

Q:あれ!?木造の他メーカーは?
A:鉄骨は2年かかっても心から建てたいと思えなかったのだが、
住林は数日で建てたい!っと思えたしってことで、木造他メーカーは見に行かなかった。
つまり、相見積もりしてません。
夫が住林に惚れこんでしまったし。
あとは、建築家&工務店の家にして、もっとスタイリッシュにするってのもよかったのかもしれません。
でも、
▼ちょうど、契約前に富士ハウスの倒産を新聞で読み、不景気の影響で最後までちゃんと建つか、ちょいと怖かった・・・
▼自分たちがもっと家について勉強しないと、コスト削減が品質低下に直結されそうで、ちょいと怖かった・・・

とにもかくにも・・・
『住友林業に決定!』

心拍確認

つわりと言っても、吐く事はないのですが、何だか気持ち悪くて、
PCから遠ざかっていました。
ブログの更新も滞って・・。

つわりは、
仕事をしていたらどうって事はないくらいなのだけど、
主婦だと、毎分毎秒自分の体と向き合えるせいか、
何だか気持ち悪い。やる気がおきない。眠い。

っという感じ。

さて、昨日は18日ぶりの診察の日。

心拍確認できました☆
チカチカと真ん中が動いていました。

初めまして、私たちの赤ちゃん♪

赤ちゃんの大きさから、只今7W3Dで、
出産予定日は 12月7日 のようです。

ただ、
出産予定日は、2週間後にもう一度診察して、決めるそうです。

ところで、夫の感想は・・・

にやけちゃう。

だってさ。

赤福茶屋

高島屋とか名古屋駅周辺をぶらっとして、ゆっくり一休みしたいなぁ。と思った時に、
私がヘビーユーズしている所がある。

それが、

高島屋の地下1階にある、

『赤福茶屋』
aka_bon_pic_01.jpg

ヘビーユーズしている割に、写真が一枚もなく、赤福のHPから拝借。

最初に出会った時は、感動した。

値段・居心地・味

どれも、満足。

まず、値段。

\190で満足できる。
2個盆といって、赤福が2個に番茶が出てくる。
抹茶が飲みたい時は、抹茶セットも\400くらい。

次は、居心地。

あのデパ地下にあるとは思えないくらい、静か。
店員も優しく居心地がいい。

そして、味。

これはもう、書くまでもないが、
あの赤福の出来立てが、伊勢に行かずしても食べれるのだ。
おいしくないわけがない。
冬は「赤福ぜんざい」も美味。
私は赤福ぜんざいのハーフサイズ&抹茶のセットみたいなのも頼んだ事があるが、
ほっこりした。

Top Page
HOMEMAKE RPROJECT
Category
New Notes
Archives
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。