FC2ブログ

ピアノ教室4

ピアノ教室に通って1ヶ月。


※レッスン前に練習室で練習。


ピアノ教室に通わせて良かったこと~

・上達が早い。

私が教えていたら、我が子にちょっと難しいことをさせる。の加減が分からず、しばらく、片手だけの簡単なポップな曲を弾かせていたはずで、レッスン2回でだいたいの子供の感じから3か月後の発表会の曲を選択させ、今回の曲の様なレベルも取り組ませる。
なんてことはしなかったと思います。


・母親が我が子に教えるのは難しい。

そして、ピアノの練習に私が付き合うことがあるのですが、私が教えたり、注意したりするとそれが軽く言っただけでも、他人(先生)に言われるより心理的に重く受け止めがちで、ストレスになるようで、我が子に教えるというのはすごく難しいと感じました。

なので、細かい間違いを指摘したり、ソルフェージュ的な事は先生にほとんどお願いして、私は弾き方のコツを教えたり長男坊にどうやるの?と聞かれて毎回手本を弾くだけです。

あとは本人が試行錯誤しながら練習しています。

母親はやる気スイッチのボタンを押す役割でいいのかな。と思いました。


・春休みにやる事が増えた。

ちょうど春休み前に発表会の曲を長男坊が選んできたので、ちょこっと今の長男坊には難しい曲でも他の事に気を取られずに毎日の練習し、それが男の子が好きなチャレンジ!に繋がったのかと思います。






スポンサーサイト

ピアノ教室3

体験レッスン。
IMG_5946.jpg

この1ヶ月後に本レッスンスタート。
長男坊はやる気満々で、なぜか10年頑張るっと意気込んでいますが、親の心は1年間だけ習ってもいいよ。という感じです。

音符が読めて両手で弾けるようになったら、あとは自分で好きな曲を楽しんで弾けるようになったらいいな。
っという思いです。

長男坊の現在の習い事をまとめると

・そろばん(既に一年経過)や漢字、宿題などをやり平日毎日通ってもいい寺子屋みたいな民間の学童(詳しくは後日)
・ピアノ
・パパ水泳教室(詳しくは後日)既に1年経過。
・スポーツ系習い事(詳しくは後日)既に1年経過。
・市の教室(小学生から月一程度)

といった感じです。

学童は6年間、スポーツ系習い事は長男坊が小学卒業するまで親として送迎を協力してあげ、長男坊は好きな部活へ、次男坊はスポーツ少年団へ、三男坊は他の習い事へ移行する予定です。
パパはずーっと続けてほしいなあとか子どもがやりたいって言ったらやらせてあげようね!
っと言っていますけど…



ピアノ教室2

ポータトーンが我が家に届き、
週一で遊ぶ3歳からピアノを習っていた妹も姪っ子ちゃんも興味津々。
これが実質タダ!なんて。
っと昨年ふるさと納税で我が家がGETした『エアウィーブ』(詳細は後日)を見ても「へぇー」って感じだった妹もふるさと納税で電子ピアノをGetしました。
KAWAIのデジタルピアノCN27R。
これ、2月に発売されたばかりです。
運搬の方2名とカワイの説明の方1名いらっしゃって設置して下さったそうです。
なのに、実質タダ!
(我が家も妹家もそれぞれ全部で年間5ヶ所寄付します。)
IMG_6012.jpg

ピアノ教室に通い始める前に姪っ子ちゃんの楽譜で練習してみた長男坊。

そうなんです。
電子ピアノをGetした姪っ子ちゃん(4歳)、早速ピアノ教室に通うことにしたのです。
妹も趣味で弾くくらいにしか考えてなかったのですが、タイミング良くママ友に体験レッスンに誘われ、
とんとん拍子に習うことになったのです。

私は3人の先生に習いました。
某全国展開の最大手、個人、個人でした。
そして、それぞれの理由でどれも避けたい思いがありました。

姪っ子ちゃんが通うピアノ教室は大手でも個人でもなく程よい規模で、
我が家と姪っ子ちゃんちの間にあり、その店舗は今年新規オープンしたばかり。
更に姪っ子ちゃんが体験レッスンして選んだ先生は私が教えるよりずっと良いと思える経歴、実績、人柄の先生でした。

空きを聞いてみると、姪っ子ちゃんの次の枠が空いていたので、長男坊に体験レッスンをさせる事にしました。

続く…

ピアノ教室

久しぶりだと何から書いていいか。

次は最近のこと。

長男坊、小学入学前にピアノ教室に通い始めました。

両親ピアノを幼い頃から習っており、家を建てる時はピアノ購入するつもりでリビングの一部に補強工事をしてもらい、
子どもには男女問わずもっと早くからピアノを習わせるつもりだったのですが…

ピアノ習ってて他県に嫁いだ方あるあるだと思いますが、どの先生にお願いするかかなり迷いますよね。
そして、いろいろな先生を検討した結果、自分が教えた方がいいのではないか?
と思ってしまう…

それでも長男坊5歳になったらピアノ教室に通わせるべく試行錯誤している時、
三人目の男の子の赤ちゃんがお腹の中にやってきて、
ピアノ三兄弟よりスポーツ三兄弟な感じにしようと思い立ち、
長男坊年長、次男坊年少から運動系の習い事(毎週日曜日午前中)を始めました。
既に1年間頑張りましたよ。
もちろん、来年も引き続き楽しみます。
(これについてはまた後日)

そして、ピアノ教育に関しては放置。
そんな中、年末年始に夫含む家族みんなで鹿児島に帰省(これについてもまた後日)。
実家のピアノを目の前にした長男坊は幼稚園のピアニカで習っている「聖者の行進」や「ミッキーマウスマーチ」などなど、
多くの曲を音を探しながら弾きました。

それを見て
バーバラ「ピアノやるといいのに」
じーじょ「〇(私)が教えればいいじゃない」

という事で、愛知に帰りました。
本格的にピアノを習わせよう!(例えば桐朋学園子供のための音楽教室とか)とすると気合いるし、ピアノ一本に集中した方がいいし、すぐに質の良いピアノが必要になるし…

とりあえず、夏休み期間を過ごすであろう私の実家にはピアノがあるし、
日頃はジジババの家に調律全くされていないけれど一応ピアノがあるし、
3兄弟だから何台あってもいい電子ピアノを購入して、私が軽めに教えようと思いました。

さて、ここで出てきたのがふるさと納税。
(これもまた後日)
「YAMAHA 電子ピアノ P-45」
を頼もうと思ったら、品切れ。
なので、しょうがないので「ポータトーン EZ-J220」を頂くべく寄付。
ふるさと納税では3か月後に発送との事でしたが、1週間後には届きました。
po-tato-n.jpg


さあさ、私が教えます。

っと長くなったので、私が教えずピアノ教室に通う事になった経緯はまた明日。
Top Page
HOMEMAKE RPROJECT
Category
New Notes
Archives
Mail

名前:
メール:
件名:
本文: