FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Xmas旅】朝

食べて、寝て、温泉入って、寝て…を繰り返しただらーっとしたXmas旅。

翌朝。また朝温泉入って朝食。

朝食は
辻口博啓さんのパン屋さん「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」でみんなそれぞれ好きなパンを一つづつ選び、
¥1200円分のパンを持って奥田政行さんの「カンティーナ・ジェノバ」でモーニングというプランを選択しました。
IMG_3546.jpg
朝から何もかも美味しくていい感じ☆☆☆

そして、お部屋でだらっとして、チェックアウト。

そこで親戚に配る御年賀用のお菓子を色々購入し、鹿児島の実家にも送りましたよ。
年末やる事の一つが一気に済んじゃいました。

という事で、今旅終了。

一旦お家に帰って、クリスマスツリーを子供達と一緒にちゃちゃっと片付けて、
夫は仕事納めに出勤して、大学の同級生と同窓会して、また準備して、次は年末京都旅♪

スポンサーサイト

【Xmas旅】夜編

宿泊者用の浴衣姿でそのまま食べられるお食事処はランチで利用した「笠庵」のみでしたので、
夕食のためにお着換え。
IMG_3537.jpg
でも、アクアイグニス内の翌朝食でも利用しないお店は「サーラ ビアンキ アル・ケッチァーノ」のみ。
子連れでコース料理かあ。。。
更にそこは翌朝食で利用予定のお店の監修シェフは同じ。

という事で、アクアイグニスを出て菰野町内で夕食をとることにしました。

とろろ好き過ぎな夫チョイスで「とろろめし・自然薯料理の茶茶」。
子ども達、お子様御膳にしたら「お子様ランチじゃなきゃいや!」っと。
どうやら、笠庵ランチのお子様プレートがいつものお子様ランチとちょっと違ったらしく、モメマシタ。
パパが「ランチもプレートも御膳も一緒!」と一喝しましたよ。

とろろとっても美味しい☆☆☆
IMG_3539.jpg

夕食後、アクアイグニスに戻って、お外に出て冷えた体をあっためるためにまたまた温泉、温泉♪

子どもたち就寝後、夫は温泉バーでカクテルやコーヒータイム。
ただ、夜遅くても日帰り客が多くて、テイクアウトしてお部屋でのんびり飲んでましたよ。

【Xmas旅】クリスマスケーキ

クリスマス当日のホールケーキを我慢しまして、
一日遅れのクリスマスケーキは辻口博啓さんの「コンフィチュール アッシュ」で
みんなそれぞれ食べたいケーキを選びました。

笠庵ランチの後、ケーキを選び、お風呂上りにお部屋でケーキタイム。

IMG_3529.jpg
オレンジ色のが一番おいしくて感動するほどおいしくて☆☆☆

そしてまたまったりして、温泉♪

IMG_3542.jpg


【Xmas旅】アクアイグニス

クリスマス、夫仕事でしたので翌日になってしましましたが、週末温泉旅へ。

お宿は「アクアイグニス
IMG_5560.jpg

到着してすぐに
笠原 将弘」さんの「笠庵」 賛否両論でランチ。
子ども達はお子様プレートで私は鯛漬け手こね寿し、夫は天ぷら定食。
私のはお得な感じがしました☆☆

そして、アーリーチェックイン(pm1:00)。
お部屋で一休みして、温泉へ。
IMG_3527.jpg


実は最近よくあるスーパー銭湯に毛が生えた程度だとしか期待していなかった自分に反省でした…
すごーくとろーっとしていて、もちろんカルキ臭もなく、正真正銘の源泉かけ流し100%でお肌すべすべ、ほかほかでした。

今回は日帰りではないので、じっくりと長湯をせずに浴衣でちょこちょこ入りに行きました。
その後も夕食前、夕食後、就寝前、朝風呂と滞在中計5回も入浴しましたよ。
入浴後は日帰り客の休憩所は毎回混んでいたので、お部屋でゆったりとくつろげた事も大変良かったです。


続く…

【J&B】なばなの里

夫、あっという間に仕事始め。
で、両親と妹と子ども達とでなばなの里&長島温泉泊。の1泊2日のプチ旅行。

大人4人子ども4人、みんなで泊まる大きなお部屋は取れず隣同士の二部屋となりました。
早速温泉でゆっくり温まり
IMG_8259.jpg

お宿で早めの夕食を頂き…って私お写真撮ってないわ…
美味しい夕食でした☆☆☆

そして、バーバラ希望のなばなの里。
IMG_8359.jpg

みんなでアイランド富士にも乗って、上からも見ました。
IMG_8370.jpg

子ども達はキラキラしてる~。っとはしゃいでいましたが、
暗いとすぐに眠くなる我が息子達はお宿で即寝でしたzzz
IMG_8389.jpg

Top Page
HOMEMAKE RPROJECT
Category
New Notes
Archives
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。